トップページ

ようこそ当サイトへお越し下さいました。仰々しく迎えつつも紳士的に不動産について解説するのが当サイトのモットーです。当サイトでは主に、不動産物件の売買、選び方などをレクチャーしています。どうぞみなさま最後までお付き合いを・・・。

不動産を売買するシチュエーション

不動産屋は皆さんご存知の通り、賃貸アパートや賃貸マンション、または一戸建て・ログハウス物件といった「建築物」を紹介しているお店です。仙台であれば、仙台賃貸物件を求めて訪れるお客さんにいい物件を紹介し、売買することで利益を得る。インターネットなどで地域を指定すれば仙台ピンポイントで検索することもできます。それが不動産屋。さて、そんな不動産屋を利用する機会となるとどんなシチュエーションでしょうか。前述のように、不動産屋では賃貸アパートや賃貸マンション、ビル、土地などを紹介しているので、一人暮らしを始めたいと考える若者や別の土地で仕事をすることになった新社会人などが一人暮らしのための部屋を探すために訪れたり、結婚し家族ができたことでアパートではなく一戸建て・ログハウスを購入・建築しようと考えるお父さんが訪れたりしますね。土地、物件の売買を目的としたお客さんがいてくれないと不動産屋としてはおまんまに食いっぱぐれるハメになるので、各不動産企業は物件を探しているお客さんと一人でも多く契約を取ろうとテレビCMや折込チラシ、情報誌などで常に情報を発信しています。そう考えると、不動産屋を利用する=物件を売買する機会自体は少なくとも目に掛かる機会は多いですね。また売らずに活用する土地活用も人気です。駐車場(パーキング)経営で土地の有効活用なんかは今テレビでCMなんかも流れています。駐車場・パーキングですからあまり田舎の土地だと利用者がいないので駄目なんでしょうね。都心の土地活用なんてもともと財産がある人しかできなさそうですが。

どんな物件を売買するのか

さよならの意味の「バイバイ」じゃないですよ?購入、売却という意味の「売買」です。言われなくても分かってる?ハイ、すいません・・・。えー、とにかく!不動産屋は物件を売買するところです。しかし!自分が求める物件を用意していない不動産屋を利用することはまずありませんよね。今ではインターネット環境が整っているので物件情報を常に発信している各不動産企業のサイトをマメにチェックしておけば、自分が求める条件の物件を紹介してもらえることでしょう。今の世の中情報弱者は常に後手に回ることになります。だからこそ物件売買情報は常にチェックしておきましょう。物件の売買についてもあらかじめネットで調べてから臨めば大きなミスをすることなくスムーズに物件の紹介、売買ができると思いますので、物件情報の収集だけでなく

pickup

トレーニングベルト

プリント基板 格安

中古物件のリノベーションを東京で行う

Last update:2018/5/30