土地・物件の購入時には

土地・物件を購入する時に押さえておくべきポイントをいくつかご紹介します。土地や物件は安い買い物ではないので慎重になるかと思いますが、基本的なポイントさえ押さえておけばまず大きな痛手は被らないでしょう。資産ともなる土地・物件は持っているだけでその価値がありますが、どうせならいろいろと役立てられるよう、長期的展望から物件選びをした方がいいですよ!

まずどんな土地・物件を購入するのか

建造物を建てる、ということはそこを利用する人がいるということです。これはつまり、その建造物を利用する人にとってその建造物は何かしらの目的を叶えるためのものということになります。簡単な例で言えば、一般住宅である一戸建て。これは家族全員が住めるだけの敷地、部屋を備えた建造物であり、「日常生活を広い空間で送る」という目的から購入するのが一般的です。では次に賃貸マンションやアパート。これを購入するとなるとかなり大きな土地と建築費用がかかります。資産運用として賃貸アパート・賃貸マンションを経営するのであれば当然入居者のために駐車場も用意しなくてはならないので駐車場の確保も問題となります。この賃貸住宅を購入するのは「資産運用のため」というのが最も多いと思います。このように、どういった目的でどのような建築物を購入・建築するのかは重要な問題となります。

ニーズに合わせた土地・物件選び

自分が希望する条件とまったく合わない土地・物件を購入しようとする酔狂な方はいないと仮定して、まず土地や物件を購入するために事前に情報を集めなくてはいけません。自分の希望する条件に合う土地であっても費用が高ければ手がでないこともよくありますし、逆に費用が安くても立地条件などが自分の理想と合致しない場合にはその物件を見送ることもあるでしょう。一般的な市場と同じく、不動産の物件という「商品」はお客のニーズに応えているものでなれば売れないので、不動産屋もそのあたりを把握してなるべくお客のニーズに応えられるよう便利な物件を用意・紹介してくれます。具体的にどういった物件が欲しいのか分からなくなったときは、その手のプロである不動産屋に直接質問するものいいですね。